リリース

統合管理型分析ツール「Metaps Analytics」 「ART DMP」と連携を開始

2017.03.03

株式会社メタップスリンクス(所在地:東京都新宿区、代表取締役:平将貴、以下当社)が提供する統合管理型分析ツール「Metaps Analytics」は株式会社D2C R(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:岡 勇基)が提供する広告効果測定データ基盤「ART DMP」との連携を開始しました。

【サービス連携概要】

Metaps Analyticsでトラッキング・蓄積したデータをART DMPと共有することにより、広告代理店様により運用しやすい環境を提供致します。
※ART DMPを活用したプロモーションをご要望の企業様に限ります

【サービス連携の意義】
当社はデータコンサルティング企業として数々のメディア様及び代理店様と連携をしてまいりました。当該連携によりプロモーション運用パフォーマンスを更に向上させクライアントの目指す事業目標の達成に貢献する所存です。
今後も各社とのデータ連携・アライアンスを強化しMetaps Analyticsの価値向上に努めます。

メタップスリンクスについて
株式会社メタップスよりマーケティング事業の継承を受け平成28年12月1日に発足しました。
Metaps Analyticsを中心に様々なプロダクトを開発しデータを軸にしたスマートフォンビジネスのサポートを行っているメタップスグループの中核企業です。
幅広いサービスに関する知見を効率的に活用し新規事業の立ち上げやM&Aによりスピード感ある事業展開を目指してまいります。

商号:株式会社メタップスリンクス
代表者:平 将貴
URL:https://www.metaps-links.com/

【Metaps Analyticsとは】
国内外で200社以上に導入され、20億以上のオープンIDを保有しております。 ユーザーの行動分析からデータ資産化を実施しその後の、マーケティング施策や収益化、内部施策などをワンストップで提供する総合管理ツールです。 マーケティング支援、データのコンサルティングを通じて得たナレッジやノウハウを時代に合わせた機能としてアップデートしていく予定です。

【ART DMPとは】
蓄積、分析されたデータを提携先のDSP・アドネットワークやソーシャルメディア等に提供することでリテンション広告配信等に利用することが可能なデータ基盤です。広告効果測定ツールとセットで利用することができるため、分析されたデータは提携先のDSP・アドネットワーク・ソーシャルメディアに提供することでリテンション広告配信等に利用することが可能になります。これによって、多角的かつ多様な切り口での広告効果測定を効率的に行うことができます。

——————————

お問い合わせ先
株式会社メタップスリンクス プラットフォーム戦略部
Mail:biz@metaps-links.com

Scroll to Top